FC2ブログ

ブログ 検索
記事検索はこちらよりどうぞ↓ (例:勉強時間 などと打ち込むと関連記事が出ます。)

さんけんしゃツイッター

Twitterをはじめました。皆様のフォローをお待ちしております。
ご質問などもツイッター上で、またはメールフォームからお問い合わせください。
メールフォームはこちらから »



言葉は、確かな学力を形成するための基盤。

「言葉の力」は、
次期指導要領の理念と位置づけられ、
「言葉は、確かな学力を形成するための基盤。
他者を理解し、
自分を表現し社会と対話するための手段で、
知的活動や感情・情緒の基盤となる」
と説明されています。
具体的には、
国語は古典の音読・暗記や要約力の促進、
数学・理科は数的なデータを解釈して
グラフ化したり、
仮説を立てて実験・評価すること、
音楽・美術は感性を高めて
思考・判断し表現する力を前面改訂する考えです。




【地域住民参加の「学校評議員」導入公立校で78.4%】
値域住民が学校運営に参画する
「学校評議員」の05年度の導入が
公立学校で3万3694校、
78.4%(前年度比6.4ポイント増)と、
過去最高になったことが
文科省の調査でわかりました。
学校評議員制度は、
校長が保護者や値域住民から
教育目標や運営計画などについて
意見を聞くために
00年度から実施されているもので、
年々導入する学校は増加しています。




公立学校が学校評議員から意見を聞いている内容は、
学校の基本的な目標・方針(82.9%)、
生徒指導・進路指導(72.3%)。
「教育課程」については55.0%でした。
04年に制度化され、
参加する保護者や住民に
一定の権限と責任があたえらえる学校運営協議会
(コミュニティ・スクール)を設置した公立学校は、
東京都や京都市など05年で35校、
将来設置を
予定・検討している学校を含めると235校でした。

◆◆↓↓できる!家庭学習教材!はつらつ学習社トップページ↓↓◆◆
【はつらつ学習社】はこちら

月刊ポピーも取り扱っています。


 | TOP | 

■ 他の記事を読む »



最近の記事

月別アーカイブ

  1. 2021年05月 (1)
  2. 2021年04月 (1)
  3. 2021年03月 (2)
  4. 2021年01月 (1)
  5. 2020年12月 (2)
  6. 2020年11月 (2)
  7. 2020年10月 (1)
  8. 2020年09月 (2)
  9. 2020年08月 (1)
  10. 2020年06月 (2)
  11. 2020年05月 (1)
  12. 2020年04月 (2)
  13. 2020年01月 (1)
  14. 2019年12月 (1)
  15. 2019年11月 (2)
  16. 2019年10月 (2)
  17. 2019年09月 (2)
  18. 2019年08月 (2)
  19. 2019年07月 (2)
  20. 2019年06月 (2)
  21. 2019年05月 (1)
  22. 2019年04月 (2)
  23. 2019年03月 (2)
  24. 2019年02月 (2)
  25. 2019年01月 (2)
  26. 2018年12月 (1)
  27. 2018年11月 (1)
  28. 2018年10月 (2)
  29. 2018年09月 (1)
  30. 2018年08月 (2)
  31. 2018年07月 (2)
  32. 2018年06月 (2)
  33. 2018年05月 (2)
  34. 2018年04月 (1)
  35. 2018年03月 (2)
  36. 2018年02月 (2)
  37. 2018年01月 (3)
  38. 2017年12月 (3)
  39. 2017年11月 (1)
  40. 2017年10月 (2)
  41. 2017年09月 (3)
  42. 2017年08月 (3)
  43. 2017年07月 (3)
  44. 2017年06月 (2)
  45. 2017年05月 (1)
  46. 2016年08月 (2)
  47. 2016年07月 (1)
  48. 2016年06月 (2)
  49. 2016年05月 (1)
  50. 2016年04月 (3)
  51. 2016年03月 (3)
  52. 2016年02月 (1)
  53. 2015年11月 (2)
  54. 2015年10月 (1)
  55. 2015年09月 (3)
  56. 2015年08月 (2)
  57. 2015年07月 (1)
  58. 2015年06月 (1)
  59. 2015年05月 (1)
  60. 2015年04月 (3)
  61. 2015年03月 (2)
  62. 2015年02月 (2)
  63. 2015年01月 (4)
  64. 2014年12月 (3)
  65. 2014年11月 (4)
  66. 2014年10月 (3)
  67. 2014年09月 (3)
  68. 2014年08月 (4)
  69. 2014年07月 (2)
  70. 2014年06月 (2)
  71. 2014年05月 (2)
  72. 2014年04月 (2)
  73. 2014年03月 (3)
  74. 2014年02月 (3)
  75. 2014年01月 (3)
  76. 2013年12月 (1)
  77. 2013年11月 (2)
  78. 2013年10月 (1)
  79. 2013年08月 (1)
  80. 2013年07月 (2)
  81. 2013年06月 (2)
  82. 2013年05月 (4)
  83. 2013年04月 (3)
  84. 2013年03月 (3)
  85. 2013年02月 (3)
  86. 2013年01月 (4)
  87. 2012年12月 (2)
  88. 2012年11月 (2)
  89. 2012年10月 (3)
  90. 2012年09月 (3)
  91. 2012年08月 (3)
  92. 2012年07月 (3)
  93. 2012年06月 (3)
  94. 2012年05月 (3)
  95. 2012年04月 (3)
  96. 2012年03月 (5)
  97. 2012年02月 (4)
  98. 2012年01月 (3)
  99. 2011年12月 (4)
  100. 2011年11月 (4)
  101. 2011年10月 (1)
  102. 2011年09月 (3)
  103. 2011年08月 (3)
  104. 2011年07月 (3)
  105. 2011年06月 (1)
  106. 2011年05月 (3)
  107. 2011年04月 (5)
  108. 2011年03月 (7)
  109. 2011年02月 (14)
  110. 2011年01月 (14)
  111. 2010年12月 (11)
  112. 2010年11月 (6)
  113. 2010年10月 (16)
  114. 2010年09月 (13)
  115. 2010年08月 (17)
  116. 2010年07月 (18)
  117. 2010年06月 (12)
  118. 2010年05月 (5)
  119. 2010年04月 (2)
  120. 2010年03月 (21)
  121. 2010年02月 (19)
  122. 2010年01月 (15)
  123. 2009年12月 (19)
  124. 2009年11月 (18)
  125. 2009年10月 (20)
  126. 2009年09月 (19)
  127. 2009年08月 (18)
  128. 2009年07月 (21)
  129. 2009年06月 (21)
  130. 2009年05月 (12)
  131. 2009年04月 (4)
  132. 2009年03月 (4)
  133. 2009年02月 (5)
  134. 2009年01月 (1)
  135. 2008年12月 (3)
  136. 2008年11月 (3)
  137. 2008年10月 (4)
  138. 2008年09月 (4)
  139. 2008年08月 (4)
  140. 2008年07月 (4)
  141. 2008年06月 (3)
  142. 2008年05月 (1)
  143. 2008年04月 (2)
  144. 2008年02月 (3)
  145. 2007年12月 (4)
  146. 2007年06月 (6)
  147. 2007年05月 (29)
  148. 2007年04月 (27)
  149. 2007年03月 (31)
  150. 2007年02月 (57)
  151. 2007年01月 (74)
  152. 2006年12月 (71)
  153. 2006年11月 (58)
  154. 2006年10月 (72)
  155. 2006年09月 (71)
  156. 2006年08月 (78)
  157. 2006年07月 (86)
  158. 2006年06月 (80)
  159. 2006年05月 (77)
  160. 2006年04月 (79)
  161. 2006年03月 (106)
  162. 2006年02月 (112)
  163. 2006年01月 (123)
  164. 2005年12月 (123)
  165. 2005年11月 (124)
  166. 2005年10月 (114)
  167. 2005年09月 (100)
  168. 2005年08月 (83)
  169. 2005年07月 (70)
  170. 2005年06月 (79)
  171. 2005年05月 (78)
  172. 2005年04月 (72)
  173. 2005年03月 (78)
  174. 2005年02月 (67)
  175. 2005年01月 (20)


カレンダー

« | 2021-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセス数

プロフィール

さんけんしゃ

Author:さんけんしゃ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

勉強に関する本


FC2の広告タグ↓