FC2ブログ

ブログ 検索
記事検索はこちらよりどうぞ↓ (例:勉強時間 などと打ち込むと関連記事が出ます。)

さんけんしゃツイッター

Twitterをはじめました。皆様のフォローをお待ちしております。
ご質問などもツイッター上で、またはメールフォームからお問い合わせください。
メールフォームはこちらから »



内言を操作しての思考という働き ◇家庭学習◇

9歳になれば、完全に内言のみで
思考活動を発展するようになります。
読書の際、まったく声を出さないで、
黙読している子はすでに内言の操作に
慣れてきた子なのです。


内言が自由に使えるということは、
頭の中にイメージを描ける能力があるということを
意味しています。
抽象レベルの思考が可能になってきているのです。
概念を操作して、物事を理解する力も
ついてきているのです。


ともすれば、言語の機能は、
伝達といった外言の果たす役割に
注意が払われがちで、コミュニケーションとか、
情報といったことが強調されています。
しかし、
かくされてはいますが、もっとも重要な言語の機能は、
内言を操作しての思考という働きなのです。


言語のいま1つの機能は、自己統御の働きです。
全力で走幅跳をするとき、えいっとかけ声を出します。
剣道で打ちこむとき、おめんと気合を入れます。
綱引きでも声を出します。
声を出して、自らの行動を律したり、
強めたりするのです。


教科書の文章を的確に写しとらせていく仕事は、
子どもの言語能力を高めます。
内言を自在に扱える素地をつくりあげていきます。
表面だけを見ていると、写し書きなどやらせていても、
ちっとも思考力はつかないし、
学力も伸びないと思いがちです。


しかし、
写し書きは、ひとまとまりの文章を覚えないと、
さっさと書けません。
内言化が進められるのです。
書き言葉に習熟していくのです。
写し書きをしっかりやった子に、
落ちこぼれなどといわれる子はありません。


◆◆できる!家庭学習教材をわが子に◆◆
↓↓【はつらつ学習社】トップページ↓↓
【はつらつ学習社】はこちら

月刊ポピーも取り扱っています。


 | TOP | 

■ 他の記事を読む »



最近の記事

月別アーカイブ

  1. 2021年05月 (1)
  2. 2021年04月 (1)
  3. 2021年03月 (2)
  4. 2021年01月 (1)
  5. 2020年12月 (2)
  6. 2020年11月 (2)
  7. 2020年10月 (1)
  8. 2020年09月 (2)
  9. 2020年08月 (1)
  10. 2020年06月 (2)
  11. 2020年05月 (1)
  12. 2020年04月 (2)
  13. 2020年01月 (1)
  14. 2019年12月 (1)
  15. 2019年11月 (2)
  16. 2019年10月 (2)
  17. 2019年09月 (2)
  18. 2019年08月 (2)
  19. 2019年07月 (2)
  20. 2019年06月 (2)
  21. 2019年05月 (1)
  22. 2019年04月 (2)
  23. 2019年03月 (2)
  24. 2019年02月 (2)
  25. 2019年01月 (2)
  26. 2018年12月 (1)
  27. 2018年11月 (1)
  28. 2018年10月 (2)
  29. 2018年09月 (1)
  30. 2018年08月 (2)
  31. 2018年07月 (2)
  32. 2018年06月 (2)
  33. 2018年05月 (2)
  34. 2018年04月 (1)
  35. 2018年03月 (2)
  36. 2018年02月 (2)
  37. 2018年01月 (3)
  38. 2017年12月 (3)
  39. 2017年11月 (1)
  40. 2017年10月 (2)
  41. 2017年09月 (3)
  42. 2017年08月 (3)
  43. 2017年07月 (3)
  44. 2017年06月 (2)
  45. 2017年05月 (1)
  46. 2016年08月 (2)
  47. 2016年07月 (1)
  48. 2016年06月 (2)
  49. 2016年05月 (1)
  50. 2016年04月 (3)
  51. 2016年03月 (3)
  52. 2016年02月 (1)
  53. 2015年11月 (2)
  54. 2015年10月 (1)
  55. 2015年09月 (3)
  56. 2015年08月 (2)
  57. 2015年07月 (1)
  58. 2015年06月 (1)
  59. 2015年05月 (1)
  60. 2015年04月 (3)
  61. 2015年03月 (2)
  62. 2015年02月 (2)
  63. 2015年01月 (4)
  64. 2014年12月 (3)
  65. 2014年11月 (4)
  66. 2014年10月 (3)
  67. 2014年09月 (3)
  68. 2014年08月 (4)
  69. 2014年07月 (2)
  70. 2014年06月 (2)
  71. 2014年05月 (2)
  72. 2014年04月 (2)
  73. 2014年03月 (3)
  74. 2014年02月 (3)
  75. 2014年01月 (3)
  76. 2013年12月 (1)
  77. 2013年11月 (2)
  78. 2013年10月 (1)
  79. 2013年08月 (1)
  80. 2013年07月 (2)
  81. 2013年06月 (2)
  82. 2013年05月 (4)
  83. 2013年04月 (3)
  84. 2013年03月 (3)
  85. 2013年02月 (3)
  86. 2013年01月 (4)
  87. 2012年12月 (2)
  88. 2012年11月 (2)
  89. 2012年10月 (3)
  90. 2012年09月 (3)
  91. 2012年08月 (3)
  92. 2012年07月 (3)
  93. 2012年06月 (3)
  94. 2012年05月 (3)
  95. 2012年04月 (3)
  96. 2012年03月 (5)
  97. 2012年02月 (4)
  98. 2012年01月 (3)
  99. 2011年12月 (4)
  100. 2011年11月 (4)
  101. 2011年10月 (1)
  102. 2011年09月 (3)
  103. 2011年08月 (3)
  104. 2011年07月 (3)
  105. 2011年06月 (1)
  106. 2011年05月 (3)
  107. 2011年04月 (5)
  108. 2011年03月 (7)
  109. 2011年02月 (14)
  110. 2011年01月 (14)
  111. 2010年12月 (11)
  112. 2010年11月 (6)
  113. 2010年10月 (16)
  114. 2010年09月 (13)
  115. 2010年08月 (17)
  116. 2010年07月 (18)
  117. 2010年06月 (12)
  118. 2010年05月 (5)
  119. 2010年04月 (2)
  120. 2010年03月 (21)
  121. 2010年02月 (19)
  122. 2010年01月 (15)
  123. 2009年12月 (19)
  124. 2009年11月 (18)
  125. 2009年10月 (20)
  126. 2009年09月 (19)
  127. 2009年08月 (18)
  128. 2009年07月 (21)
  129. 2009年06月 (21)
  130. 2009年05月 (12)
  131. 2009年04月 (4)
  132. 2009年03月 (4)
  133. 2009年02月 (5)
  134. 2009年01月 (1)
  135. 2008年12月 (3)
  136. 2008年11月 (3)
  137. 2008年10月 (4)
  138. 2008年09月 (4)
  139. 2008年08月 (4)
  140. 2008年07月 (4)
  141. 2008年06月 (3)
  142. 2008年05月 (1)
  143. 2008年04月 (2)
  144. 2008年02月 (3)
  145. 2007年12月 (4)
  146. 2007年06月 (6)
  147. 2007年05月 (29)
  148. 2007年04月 (27)
  149. 2007年03月 (31)
  150. 2007年02月 (57)
  151. 2007年01月 (74)
  152. 2006年12月 (71)
  153. 2006年11月 (58)
  154. 2006年10月 (72)
  155. 2006年09月 (71)
  156. 2006年08月 (78)
  157. 2006年07月 (86)
  158. 2006年06月 (80)
  159. 2006年05月 (77)
  160. 2006年04月 (79)
  161. 2006年03月 (106)
  162. 2006年02月 (112)
  163. 2006年01月 (123)
  164. 2005年12月 (123)
  165. 2005年11月 (124)
  166. 2005年10月 (114)
  167. 2005年09月 (100)
  168. 2005年08月 (83)
  169. 2005年07月 (70)
  170. 2005年06月 (79)
  171. 2005年05月 (78)
  172. 2005年04月 (72)
  173. 2005年03月 (78)
  174. 2005年02月 (67)
  175. 2005年01月 (20)


カレンダー

« | 2021-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセス数

プロフィール

さんけんしゃ

Author:さんけんしゃ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

勉強に関する本


FC2の広告タグ↓