ブログ 検索
記事検索はこちらよりどうぞ↓ (例:勉強時間 などと打ち込むと関連記事が出ます。)

さんけんしゃツイッター

Twitterをはじめました。皆様のフォローをお待ちしております。
ご質問などもツイッター上で、またはメールフォームからお問い合わせください。
メールフォームはこちらから »



創刊40年以上、安心して使える「中学ポピー」をご案内

創刊40年以上、安心して使える「中学ポピー」をご案内

全家研の月刊ポピーは40年以上にわたって、充実の
学習教材・安心のサービスで、子どもたちに愛されて
きた家庭学習教材です。

中学1年生になるお子さまの保護者の方へ
中学ポピー1年生のご案内
いよいよこも春からお子さまも中学生ですね。
中学校では学習内容も増えて難しくなりますが、
お子さまの教科書に合わせて毎日の学習がしやすい
「中学ポピー」をご案内します。

Attention 中学生になると教育費もたいへん!
学習塾に通っている割合
公立中学校 77.1% 通っている
私立中学校 55.3% 通っている

学習塾に通っている割合は、中学校(公立)の生徒のうち
77.1%、中学校(私立)では55.3%。
年間の学習塾の平均額は25.7万円(公立)、
21.7万円(私立)にもなります。

中学ポピー1年生なら、毎月の会費はわずか
4420円(税込)。
年間でも約5万円と、学習塾や他の通信教育と比べても
続けやすい会費です!

学校の教科書に沿っての毎日の予習・復習はもちろん、
定期テスト対策や高校入試対策のサポートも万全!
40年以上にわたり、全国の中学生から支持されてきた、
シンプルで学びやすい家庭学習教材です。

塾と家庭学習の関係、塾選びのポイントをお知らせします。

塾へ行っても行かなくても、家庭学習が重要!

ゆとり教育からの転換で、中学生の負担が増えています!
中学生になると小学生以上に学習内容も項目も
ぐんと増えますが、近年、ゆとり教育からの転換や
学習指導要領の改訂により、これまで以上に課題やワーク
など、宿題を多く出す中学校が増えているようです。

塾へ行かせておけば安心?!
おうちの方の中には、子どもをとりあえず塾に行かせて
おけば安心というかたもいるようですが、塾に通っていても
思うように学力が伸びないという子どもに共通することは、
「意欲がない」「こつこつと勉強する習慣がついていない」
「人の話を聞けない」といったことが挙げられます。
まったく勉強をしないよりは、塾へ行ってる間だけでも
勉強をしてくれたら・・・という気持ちもあると思いますが、
それは、子どもの成長を考えると、とてももったいないこと
です。塾へ通っていても通っていなくても、「自分から学ぶ」
という習慣をつけさせること、これが長い目で見ると、
何より大切だからです。
そのためには、中学生になっても、親が声をかけたり、
目をかけたりすること、つまり子どもを応援するという
姿勢が大切ですね。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   

新版★「月刊ポピー中学1年生」4月号。選べるプレゼントつきでご予約
受付中。これで文武両道が実現できる。
  ↓   ↓     ↓   ↓   
ホームーページかのお申込みフォームはこちら
https://www.3kensya.co.jp/entry/form/attention.php?set=3
 … … … … … … … … … … … … … … … … …

小・中学生2月号からのご入会・1ヶ月のみご購入・シリーズ教材の追加注文も
随時ご注文受付中!ホームーページのフォーム、さんけん社お申込み
フリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。
TEL0120-74-7411  FAX0120-74-7436

月刊ポピーも取り扱っています。


初めて出会う幼児ポピー「ポピっこあい」の紹介

初めて出会う幼児ポピー「ポピっこあい」の紹介

●「ポピっこあい」は…
言葉を持たない赤ちゃんと上手に
コミュニケーションするためにつくられました。
赤ちゃんは言葉のかわりに声や表情、しぐさなどで
いろいろな「合図」を出し、自分のことを
伝えようとしています。
親が、この”言葉にならないことば”=「合図」を
受け止めて、返してあげることは、子どもの発達に
とても大切です。



●親えほんは…
子どもの「合図」に気づき、それにこたえる
ヒントになるものです。
今までの育児書とは違う、親のための「絵本」です。
子どもが親に語りかけるトーンで綴る文章と、
それらに関する解説を読むことで、
子どもの発するさまざまな「合図」にこめられた
気持ちが見えてきます。

子ども・・・さまざまな「合図」を発する
いないいないばあを喜ぶ
なく
欲しいものを指でさす
親の声をまねする
いやいや
バイバイする
笑う
あ~う~
怒った顔をする

親・・・「ポピっこあい」親えほんで
子どもの気持ちが「合図」として見えてくる!


●こどもえほんは…
親子で使っていただくコミュニケーション絵本です。
子どもが発する「合図」をキャッチできたら、
「こどもえほん」を使って存分に子どもとの
気持ちのやりとりを楽しんでください。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   
●親えほん定価1000円+税
⇒こどもの合図がかわると、子育てがもっと楽しくなります。

●こどもえほん3冊各定価800円+税
こどもえほん①にこにこばあ⇒顔の表情や音の変化を楽しむ絵本
こどもえほん②ちょうだいどうぞ⇒言葉をかわすことを楽しむ絵本
こどもえほん③どこどこどこ⇒親とやりとりしながら想像の世界を楽しむ絵本

●全4冊セット定価3400円+税
☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   

新版★「月刊ポピー小学1年生」11月号で難しい単元を習う2学期の
家庭学習をスタートしましょう。
  ↓   ↓     ↓   ↓   
ホームーページかのお申込みフォームはこちら
https://www.3kensya.co.jp/entry/form/attention.php?set=3
 … … … … … … … … … … … … … … … … …

小・中学生11月号からのご入会・1ヶ月のみご購入・シリーズ教材の追加注文も
随時ご注文受付中!ホームーページのフォーム、さんけん社お申込み
フリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。
TEL0120-74-7411  FAX0120-74-7436

月刊ポピーも取り扱っています。


初めて出会う幼児ポピー「ポピっこあい」の紹介

初めて出会う幼児ポピー「ポピっこあい」の紹介

幼児ポピー「ポピっこ」に新しい仲間が加わります。
新刊 0歳児から2歳児向け 「ポピっこあい」
幼児ポピーは「親子で楽しく、バランスよく脳を
育てます。
脳の「根っこ」がしっかりつくられると、「こころ
・あたま・からだ」がきちんと育っていきます。
0歳から2歳は、脳の「根っこ」を育む
大切な時期です。

親とふれあう、視線をかわす、ことばをかわす。
相手とつながっているような感覚、
「共振」体験をくりかえして、脳の「根っこ」を
育んでいく。
そのための本が「ポピっこあい」です。
親向けと、子ども向けの本で構成しました。

●親えほん定価1000円+税
⇒こどもの合図がかわると、子育てがもっと楽しくなります。

●こどもえほん3冊各定価800円+税
こどもえほん①にこにこばあ⇒顔の表情や音の変化を楽しむ絵本
こどもえほん②ちょうだいどうぞ⇒言葉をかわすことを楽しむ絵本
こどもえほん③どこどこどこ⇒親とやりとりしながら想像の世界を楽しむ絵本

●全4冊セット定価3400円+税

新版★「月刊ポピー小学1年生」11月号で難しい単元を習う2学期の
家庭学習をスタートしましょう。
  ↓   ↓     ↓   ↓   
ホームーページかのお申込みフォームはこちら
https://www.3kensya.co.jp/entry/form/attention.php?set=3
 … … … … … … … … … … … … … … … … …

小・中学生11月号からのご入会・1ヶ月のみご購入・シリーズ教材の追加注文も
随時ご注文受付中!ホームーページのフォーム、さんけん社お申込み
フリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。
TEL0120-74-7411  FAX0120-74-7436



月刊ポピーも取り扱っています。


ポピー式 【おうちでドリル】シリーズのごあんない

ポピー式 【おうちでドリル】シリーズのごあんない

1年生の「算数」でつまずきやすいポイントが、
楽しく、わかりやすく学べるシリーズ

ポピー式 【おうちでドリル】シリーズ
「身近なことば」「とけい」「さんすうことば」
「文しょうだい」「ひらがな」「かたち」の6冊
●定価 各648円(本体600円+税)
●B5判 80ページ
(問題64ページ・答えとてびき16ページ)
●幼児年長から小学1年生対象
●本部教育対話主事 稲田百合先生監修

Q なぜ、1年生の算数ドリルなの?
A 算数は「積み上げの教科」です。
1年生で学ぶ時計を例に挙げると、1年生では何時、
何時半、何時何分を読む学習をします。
それが基礎となって2年生で時間の計算を習い、
3年生では秒の読み方も出てきて、さらに発展した
内容になります。
このように特に算数の場合、
すべての基礎となるのが1年生で、
そこでつまずくと、そのあとの学習が
わからなくなってしまいます。
そこで、1年生でつまずきやすい「時計」「文章題」
「図形」のドリルを企画しました。

Q なぜ、年長から使うの? 1年生でも使えるの?
A 時間に余裕のある小学校入学前から、
親子でゆっくり、じっくりと取り組んで
もらえるよう、年長児を対象にしたドリルを
作りました。
もちろん1年生に入学してからも使えます。
時計を習う前に勉強しておきたいというご家庭や、
時計でつまずいてしまったというお子さんも、
このドリルで基礎からしっかり学習することが
できます。

新版★「月刊ポピー小学1年生」9月号で難しい単元を習う2学期の
家庭学習をスタートしましょう。
  ↓   ↓     ↓   ↓   
ホームーページかのお申込みフォームはこちら
https://www.3kensya.co.jp/entry/form/attention.php?set=3
 … … … … … … … … … … … … … … … … …

小・中学生9月号からのご入会・1ヶ月のみご購入・シリーズ教材の追加注文も
随時ご注文受付中!ホームーページのフォーム、さんけん社お申込み
フリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。
TEL0120-74-7411  FAX0120-74-7436

月刊ポピーも取り扱っています。


幼児ポピー「ポピっこ あい」のご案内

幼児ポピー「ポピっこ あい」のご案内

「ポピっこ あい」監修・原案・親えほん解説
:勝浦クック範子先生
・國學院栃木短期大学 人間教育学科 特任教授、
日本子育て学会常任理事。

・乳幼児の発達と親子関係について研究を重ね、
保育園の巡回相談や市の子育て講座の講師を務める。

・また、0歳からの絵本の草分け的存在で、
日本発育心理学会保育分科会でお話以前の絵本に
ついての講演などもされている。

★ ポピっこ あい Q&A ★

Q.0歳児に絵本は早くないですか?
 ↓   ↓   ↓  ↓
A.「ポピっこ あい」は読み聞かせの絵本では
ありません。語りかけてあげる言葉も、
誌面の内容を理解させるためだけのものでは
ありません。絵本を見せる、いっしょに見る、
親の声を聞く。そうした親子の気持ちのやりとりを
するためのコミュニケーション素材です。
「親えほん」にある「合図」を読み取って、
子どもの気持ちが育っていると感じられたら、
まずは、「こどもえほん」を見せてあげましょう。

Q.イラストより写真で見せてあげたいけれど……。
 ↓   ↓   ↓  ↓
A.わたしたちは日常生活で物を見たり、
聞いたりするときに、余分な情報を無意識に
カットしています。
例えば、少々雑音のあるところでも、
相手の言っていることがわかるのは、
雑音をカットして集中して聞いているからです。
このように本質的な特徴を捉える能力を
パターン認識能力といいますが、
赤ちゃんはその能力を使って、
自分の周りの世界について日々学習しているのです。
写真はリアルな分、情報量が多く、
そこから本質的特徴を読み取るには
負担が大きいこともあります。
その点、単純化され、
本質的な特徴をとらえたイラストは、
赤ちゃんにとって見やすいものといえます。

… … … … … … … … … … … … … … …

親えほん
 定価 1,050円(本体1,000+税)
こどもえほん
 定価 各巻840円(本体800円+税)
全4巻セット
 定価 3,570円(本体3,400円+税)
 ケース入り

新版★「月刊小学ポピー」で難しい単元を習う2学期の家庭学習を
スタートしましょう。
  ↓   ↓     ↓   ↓   
ホームーページかのお申込みフォームはこちら
https://www.3kensya.co.jp/entry/form/attention.php?set=3

… … … … … … … … … … … … … … … … …

小・中学生9月号からのご入会・1ヶ月のみご購入・シリーズ教材の追加注文も
随時ご注文受付中!ホームーページのフォーム、さんけん社お申込み
フリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。 
TEL0120-74-7411  FAX0120-74-7436


月刊ポピーも取り扱っています。


 | TOP |  次のページ»

■ 他の記事を読む »



最近の記事

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 (1)
  2. 2017年10月 (2)
  3. 2017年09月 (3)
  4. 2017年08月 (3)
  5. 2017年07月 (3)
  6. 2017年06月 (2)
  7. 2017年05月 (1)
  8. 2016年08月 (2)
  9. 2016年07月 (1)
  10. 2016年06月 (2)
  11. 2016年05月 (1)
  12. 2016年04月 (3)
  13. 2016年03月 (3)
  14. 2016年02月 (1)
  15. 2015年11月 (2)
  16. 2015年10月 (1)
  17. 2015年09月 (3)
  18. 2015年08月 (2)
  19. 2015年07月 (1)
  20. 2015年06月 (1)
  21. 2015年05月 (1)
  22. 2015年04月 (3)
  23. 2015年03月 (2)
  24. 2015年02月 (2)
  25. 2015年01月 (4)
  26. 2014年12月 (3)
  27. 2014年11月 (4)
  28. 2014年10月 (3)
  29. 2014年09月 (3)
  30. 2014年08月 (4)
  31. 2014年07月 (2)
  32. 2014年06月 (2)
  33. 2014年05月 (2)
  34. 2014年04月 (2)
  35. 2014年03月 (3)
  36. 2014年02月 (3)
  37. 2014年01月 (3)
  38. 2013年12月 (1)
  39. 2013年11月 (2)
  40. 2013年10月 (1)
  41. 2013年08月 (1)
  42. 2013年07月 (2)
  43. 2013年06月 (2)
  44. 2013年05月 (4)
  45. 2013年04月 (3)
  46. 2013年03月 (3)
  47. 2013年02月 (3)
  48. 2013年01月 (4)
  49. 2012年12月 (2)
  50. 2012年11月 (2)
  51. 2012年10月 (3)
  52. 2012年09月 (3)
  53. 2012年08月 (3)
  54. 2012年07月 (3)
  55. 2012年06月 (3)
  56. 2012年05月 (3)
  57. 2012年04月 (3)
  58. 2012年03月 (5)
  59. 2012年02月 (4)
  60. 2012年01月 (3)
  61. 2011年12月 (4)
  62. 2011年11月 (4)
  63. 2011年10月 (1)
  64. 2011年09月 (3)
  65. 2011年08月 (3)
  66. 2011年07月 (3)
  67. 2011年06月 (1)
  68. 2011年05月 (3)
  69. 2011年04月 (5)
  70. 2011年03月 (7)
  71. 2011年02月 (14)
  72. 2011年01月 (14)
  73. 2010年12月 (11)
  74. 2010年11月 (6)
  75. 2010年10月 (16)
  76. 2010年09月 (13)
  77. 2010年08月 (17)
  78. 2010年07月 (18)
  79. 2010年06月 (12)
  80. 2010年05月 (5)
  81. 2010年04月 (2)
  82. 2010年03月 (21)
  83. 2010年02月 (19)
  84. 2010年01月 (15)
  85. 2009年12月 (19)
  86. 2009年11月 (18)
  87. 2009年10月 (20)
  88. 2009年09月 (19)
  89. 2009年08月 (18)
  90. 2009年07月 (21)
  91. 2009年06月 (21)
  92. 2009年05月 (12)
  93. 2009年04月 (4)
  94. 2009年03月 (4)
  95. 2009年02月 (5)
  96. 2009年01月 (1)
  97. 2008年12月 (3)
  98. 2008年11月 (3)
  99. 2008年10月 (4)
  100. 2008年09月 (4)
  101. 2008年08月 (4)
  102. 2008年07月 (4)
  103. 2008年06月 (3)
  104. 2008年05月 (1)
  105. 2008年04月 (2)
  106. 2008年02月 (3)
  107. 2007年12月 (4)
  108. 2007年06月 (6)
  109. 2007年05月 (29)
  110. 2007年04月 (27)
  111. 2007年03月 (31)
  112. 2007年02月 (57)
  113. 2007年01月 (74)
  114. 2006年12月 (71)
  115. 2006年11月 (58)
  116. 2006年10月 (72)
  117. 2006年09月 (71)
  118. 2006年08月 (78)
  119. 2006年07月 (86)
  120. 2006年06月 (80)
  121. 2006年05月 (77)
  122. 2006年04月 (79)
  123. 2006年03月 (106)
  124. 2006年02月 (112)
  125. 2006年01月 (123)
  126. 2005年12月 (123)
  127. 2005年11月 (124)
  128. 2005年10月 (114)
  129. 2005年09月 (100)
  130. 2005年08月 (83)
  131. 2005年07月 (70)
  132. 2005年06月 (79)
  133. 2005年05月 (78)
  134. 2005年04月 (72)
  135. 2005年03月 (78)
  136. 2005年02月 (67)
  137. 2005年01月 (20)


カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセス数

プロフィール

さんけんしゃ

Author:さんけんしゃ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

勉強に関する本


FC2の広告タグ↓

FC2Ad